本文へスキップ

アスパラギン酸の効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > アスパラギン酸

アスパラギン酸の効果

アスパラギン酸は、アスパラガスから発見されたことで名前が付いたアミノ酸の一種です。大豆や凍り豆腐、しらす干し、かつお節などに多く含まれています。

アスパラギン酸は、たんぱく質の合成材料になります。また、アンモニアを体外に非出する作用もあり、尿の合成を促進して毒性を排除する働きもあります。

アスパラギン酸からは、クエン酸サイクルの一員であるオキサロ酢酸が合成されるので、エネルギー代謝を高めたり、疲労回復に効果があるとされています。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク