本文へスキップ

タウリン 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > タウリン

タウリンの効果

タウリンは、タコやイカ、貝などの魚介類に多く含まれている含硫アミノ酸で、体内では、筋肉、心臓、脳などに多く含まれています。

タウリンは、交感神経を抑制する働きがあり、塩分の摂りすぎが原因で起こる高血圧を改善する働きがあるので、高血圧が原因で起こる脳卒中、動脈硬化症、心不全、心臓病などの予防に効果があります。

また、肝臓の解毒作用を向上させ、胆汁酸の分泌を促進し、肝細胞の再生を促す作用があり、コレステロールの排泄を促し、血中コレステロールを抑制します。

他にも、気道の収縮を抑制する働きがあり、気管支ぜん息にも効果があります。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク