本文へスキップ

コラーゲン 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > コラーゲン

コラーゲンの効果

コラーゲンは、体内のたんぱく質の30%〜40%を占め、皮膚、骨、腱などに多く含まれている繊維性のたんぱく質です。

コラーゲンは、細胞や組織を結合させる役割をもち、カラダの形成や機能を正常に保つために不可欠な成分です。

コラーゲンは、皮膚組織の70%を占めていて、酸素や栄養を皮膚に提供し、皮膚の老廃物を取り除き、みずみずしくハリのある肌を保つなど、正常な皮膚を形成するうえで欠かせない成分です。

また、骨にカルシウムが定着するのを助けたり、関節の軟骨部で潤滑油の働きをしたりして、骨を丈夫にし、骨粗しょう症や関節炎などを予防する働きをします。

さらに、目の角膜や水晶体に含まれていて、老人性白内障を予防したり、老眼や眼精疲労を改善するなど、目の健康を保つ働きもあります。

コラーゲンは、ビタミンCを一緒に摂ることで、体内での合成能力が促進され、生成されやすくなります。

コラーゲンは、動物の骨や皮にも多く含まれていて、骨付きの肉や魚をまるごと煮込むと煮汁に溶け出し、冷めるとゼリー状になります。煮汁ごと食べたり、煮こごりとして食べることで、効率よく摂取することができます。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク