本文へスキップ

シスチン 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > シスチン

シスチンとは

シスチンは、イオウを含んだ含硫アミノ酸のひとつです。毛髪や爪などのケラチンに特に多く含まれている成分です。タウリンを生成し、胆汁酸の成分となります。

シスチンは、傷の治癒を促進したり、ブドウ糖の代謝に関わっています。シスチンは、体内で代謝されると、他の物質と反応して、解毒作用を発揮して、有害金属や活性酸素を除去して、体を守る働きがあるとされています。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク