本文へスキップ

グルタミン酸 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > グルタミン酸

グルタミン酸の効果

グルタミン酸は、たんぱく質を構成する主要なアミノ酸のひとつです。昆布などの旨味成分でもあり、化学調味料にも利用されています。

グルタミン酸は、脳に多く含まれ、神経伝達に関与しています。脳の機能を活性化して、ストレスへの抵抗を強くする作用があり、知能を高め、痴呆や精神分裂症の治療にも効果があるようです。

また、グルタミン酸にはアンモニアをグルタミンに変える働きや、尿の排泄を促進してアンモニアを体外に排出します。アンモニアは、脳機能を低下させるとされています。

グルタミン酸を一度に大量摂取すると、頭痛や手足のしびれなどの症状が出ることがあるようです。また、長期間に多くの量を摂取し続けると、不眠症や神経症、誇大妄想、幻覚などの症状があらわれるともいわれています。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク