本文へスキップ

エリスロポエチン 効能

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > エリスロポエチン

エリスロポエチンの効果

エリスロポエチンは、哺乳類の乳に含まれている糖たんぱく質成分です。体内では主に腎臓で合成され、赤血球の産生を促進する働きがあるとされています。

エリスロポエチンは、貧血になると血中濃度が上昇して造血作用が盛んになりますが、赤血球の数が正常の時には濃度が低下します。このことから、エリスロポエチンには赤血球数の調整作用があり、貧血の予防に効果があるとされています。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク