本文へスキップ

ロイシン 働き

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > ロイシン

ロイシンの働き

ロイシンは、、体内では合成されない必須アミノ酸のひとつで、食品から摂取することが必要です。

ロイシンは、イソロイシン、バリンと共に分岐鎖アミノ酸のひとつで、この中のどれかを多く摂り過ぎると、体重減少などの弊害があります。

ロイシンは、肝機能を高め、筋肉を強化するのに効果があります。疲れやすい人や体力をつけたい人には効果的です。

ロイシンは、必須アミノ酸の中で、1日の所要量が最大で、幅広くいろいろな食品に含まれています。過剰摂取すると、他のアミノ酸とのバランスを崩し、免疫機能の低下を起こす心配があります。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク