本文へスキップ

リジン 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > リジン

リジンの効果

リジンは、牛乳から発見された体内で生成されない必須アミノ酸のひとつで、食品から摂取する必要があります。

リジンは、カラダのたんぱく質の組み立てには欠かせない必須アミノ酸で、たんぱく質の吸収を促進させ、ブドウ糖の代謝やカルシウムの吸収などに重要な働きをします。

また、細菌やウィルスに対する抗体やホルモンををつくり、免疫力や受精率を高める作用があります。

さらに、アルコールで弱った肝臓に活力を与え、リパーゼという、脂肪を分解する酵素の働きを活発にして、脂肪の分解を促進させます。

単純ヘルペスウィルスによる疱疹の予防や脳卒中の発症を抑制する働きをします。

不足すると、疲れがとれず、集中力がていかし、めまい、目の充血、吐き気、貧血などの症状があらわれることがあります。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク