本文へスキップ

フェニルアラニンとは

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > フェニルアラニン

フェニルアラニンの働き

フェニルアラニンは、脳と神経で信号を伝達する神経伝達物質として働く必須アミノ酸のひとつです。

フェニルアラニンは、ノルアドレナリンとドーパミンという、神経伝達物質に転換され、精神を高揚させ、血圧を上昇させる作用があります。

天然のフェニルアラニンから合成されるDL-フェニルアラニンは鎮痛作用があり、腰痛や偏頭痛などの慢性的な痛みを軽減させる働きがあります。アスピリンなど一般的な鎮痛剤が効かない人に効くことが多いといいます。

フェニルアラニンは、甘味料アスパルテームの原料にもなっていて、食欲抑制効果があり、ダイエット食品に用いられることもあります。

フェニルアラニンは、血圧を高くする作用があるので、妊娠中、皮膚がん、フェニルケトン尿症の人には適していません。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク