本文へスキップ

ヒスチジンとは

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質 > ヒスチジン

ヒスチジンの働き

ヒスチジンは、発育盛りの子供の成長には不可欠なアミノ酸で、子供は体内で合成できないので、必須アミノ酸に含まれています。

ヒスチジンは、成長を促進する、神経機能を補助する、ストレスを軽減する、慢性関節炎の症状を緩和する、性的エネルギーを高めるなどの働きがあります。

ヒスチジンが分解されると、外傷などの怪我や薬物が体内に入ると細胞から放出されるヒスタミンという物質になります。ヒスタミンが過剰に分泌すると、アレルギー症状があらわれます。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク